FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイク・カニエレのパーチフィッシング

IMG_2177.jpg
南島のウエストコーストにある人口4000人足らずの小さな町ホキティカ。ニュージーランド特産のJADE(翡翠)の産地であることと、毎年3月に行われる“WILD FOOD FESTIVAL”の開催地ということで、それなりに名は通っているけれど、それ以外にはこれといって何があるわけでもない、静かな田舎町である。北にトランツアルパイン鉄道の終着駅となるグレイマウス、南に氷河観光の拠点となるフランツジョセフがあって、観光客のほとんどはこのどちらかに行く途中に、休憩がてらこの町に立ち寄るのがもっぱらである。僕がタウポを離れホキティカに移ったのは昨年12月初旬のこと。友人が経営するバックパッカーホステルの、クリーナー&レセプショ二ストを引き受けることになったのがきっかけだ。過去に何度か、このホステルに宿泊したのが縁で今回の運びとなったのだが、こと釣りに関しては、NZに住む釣り友達の間でさえ、ホキティカ周辺の河川、湖について話題にすら上がったこともなく、まったく期待していなかったのが本音である。ところが実際は、スプリングクリークのブラウン、湖のパーチ、汽水域のシートラウトまで、存分に満喫することになった。 IMG_2168.jpg
 (レイク・カニエレ パーチの他にブラウンも生息している)
ニュージーランドという国は、イギリスからの移民と一緒にいろいろなものが本国から持ち込まれている。それは、スポーツ、文化から動植物に至るまでとどまるところをしらない。TVでは、クリケットとラグビーの試合がひっきりなしに放映され、道を歩いていて目にする手入れの行き届いた英国式庭園からは、国民のガーデニングへの並々ならぬ情熱が伝わってくる。さらに、街のアンティークショップを覘けばハーディーのリールが見つかるし、多くの河川には見事に定着して大型化した、ブラウントラウトが泳いでいるのである。(※NZのブラウンはオーストラリアのタスマニアから移植されているので、イギリスからタスマニア経由で持ち込まれたと考えるべきであろう) 移植された魚はもちろんブラウンだけではなく、アトランティックサーモン、コイ、テンチ、パーチなども含まれている。僕としては、イギリスの多くのフライフィッシャーに愛されている、グレーリングがなぜ移植されなかったのか不思議でならない。移植したのにうまく定着しなかったのか、まったく持ち込まれなかったのか、当時の養殖、輸送技術の問題なのか、詳しく調べてみると面白い事実がわかるかもしれない。話が脇にそれてしまったが、移植された魚の中で特に興味を引かれたのがパーチである。一般にはヨーロピアンパーチ、レッドフィンなどと呼ばれていて、実は日本でもペットショップで普通に目にすることができる。僕がこの魚を初めて見たのは、かれこれ20年以上も前のことで、オレンジ色に染まった各ヒレと、背中から腹部に向かってはいる縞模様が印象的であった。そのパーチが、ウエストコースト周辺の湖に数多く生息していて、釣りの対象となっていることは以前から知ってはいたものの、ウエストコーストというと、60cmアップのブラウンが釣れるグレイ・リバー水系に、どうしても足が向かってしまい、今日の今日まで後回しになっていたのだった。
場所は僕の滞在しているホステルから、車で30分程の距離にあるレイク・カニエレ。周囲をブッシュと森に囲まれ、浅瀬には水草が生い茂っていて、いかにもパーチが好みそうなロケーションである。 この湖は透明度が高くなく、魚影を探して釣り歩くには効率が悪い上、キャスティングのためのバックスペースがとれる場所も限られるので、まずは湖に一つだけある桟橋から釣ってみることにした。波もなく穏やかな水面には、魚のライズらしきものは全く見えないので、ラインをタイプIのシンキングに換え黒のウーリーバガーを結んだ。そして、30分も経っただろうか。そろそろ場所を変えようと思い始めた矢先に、コツンと小さいながら明確なあたりがあった。魚がそれほど大きくないのはすぐにわかったが、慎重にやりとりし引き寄せてみると、それは紛れもなくパーチであった。体長約25cm、まだまだ小学生サイズであるけれど、初めての魚は大きさに関係なくうれしいものである。どうやらこの魚、群れで定期的に回遊する習性があるらしく、この後20~30分間隔で、連続的なあたりがあって10匹程釣ることができた。街の釣具店に飾ってあった剥製は50cmを超える見事なもので、これに会うためにここへ通うのも悪くないだろう。IMG_2166.jpg
これがパーチ。思っていたよりも華麗で野性味に溢れる風貌である
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : ブログ

コメント

ホキティカは十数年前にBESSY、つるやの山城さんと行きました、懐かしいです。ガイドの家がホキティカにあり、家を見せてくれて超甘いケーキをご馳走になり、翌日は町の近くのスプリングクリークに行きました。

どうも。今回のレポートは2部構成になっていて、前半がパーチ、後半はスプリングクリークのブラウンと、汽水域のシートラウト(トップの写真)になっています。原稿はすでに送ってあるので、そのうち公開になるかと思います。お楽しみに。ところで、くま吉さんってどなたでしたっけ?たぶん以前にお会いしているとはおもうのですが。

いやいや河合の旦那、あっしをお忘れでんすか。
神田のすし屋で小さいおじさんと河合の旦那がご一緒の時に、おいらはCHIRORI嬢やその他釣り馬鹿達一緒で、その時お会いしていますぜ。小さいおじさんがNZに行ったときにはあっしがフライを巻きましたぜ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

BESSY

Author:BESSY
<このブログにカキコしている人びと>
BESSYこと別所勝巳/
タニヤンマ/capo/Smilly/クマ吉/O爺/
河合彰一郎/CHIRORI/渋谷直人
ケバイチ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクアリウム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。