スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホキティカのシートラウト

さて、肝心のトラウトはというと、写真を見てもらえばもうお分かりの通りである。僕のホステルでの仕事は、朝9時から12時まで庭やゲストルームの掃除をするか、夕方4時から7時半まで受付に座るかのどちらかである。ちょうどその日は受付を担当することになっていたので、早朝から近くにあるスプリングクリークを探索に出かけた。この川はホキティカ・リバーの本流に注いでいて、以前に車で通りがかったときは、雨後の濁りで魚影は確認できなかったものの、釣り人の勘からイケルと直感した場所である。橋の手前に車を停めて注意深く水中を覗いてみると、流芯に2匹、水草の陰に1匹の魚影を確認できた。しかも流芯にいるうちの1匹は、水面近くで何かを盛んに捕食していて、右に左に絶えずポジションを変えている。早速準備にとりかかって、10mほど下流に回り込んで狙ってみることにした。IMG_2157.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト

レイク・カニエレのパーチフィッシング

IMG_2177.jpg
南島のウエストコーストにある人口4000人足らずの小さな町ホキティカ。ニュージーランド特産のJADE(翡翠)の産地であることと、毎年3月に行われる“WILD FOOD FESTIVAL”の開催地ということで、それなりに名は通っているけれど、それ以外にはこれといって何があるわけでもない、静かな田舎町である。北にトランツアルパイン鉄道の終着駅となるグレイマウス、南に氷河観光の拠点となるフランツジョセフがあって、観光客のほとんどはこのどちらかに行く途中に、休憩がてらこの町に立ち寄るのがもっぱらである。僕がタウポを離れホキティカに移ったのは昨年12月初旬のこと。友人が経営するバックパッカーホステルの、クリーナー&レセプショ二ストを引き受けることになったのがきっかけだ。過去に何度か、このホステルに宿泊したのが縁で今回の運びとなったのだが、こと釣りに関しては、NZに住む釣り友達の間でさえ、ホキティカ周辺の河川、湖について話題にすら上がったこともなく、まったく期待していなかったのが本音である。ところが実際は、スプリングクリークのブラウン、湖のパーチ、汽水域のシートラウトまで、存分に満喫することになった。

続きを読む »

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : ブログ

NZフィッシングレポート(トランピングアングラー編)

ニュージーランドで誰もが楽しむ国民的スポーツといえば“トランピング”。てくてく歩く、徒歩で旅行するという意味のTRAMPが語源で、自然のなかを歩き回り動植物を> 観察したり、周辺の景観を楽しむレジャーと考えれば理解しやすい。国内にある主なトランピングルートは、自然保護省(DOC=Department of Conservation)によって管理、運営されていて、遊歩道、標識、宿泊施設に至るまで、実に行き届いた整備と配慮がなされている。

CAICBEMR.jpg

(マウンテンストリームに棲むブラウンは、雪解け水に磨かれ引き締まった魚体をしている。これに出会えるのであれば長時間のトレッキングも苦にならない )

続きを読む »

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : ブログ

河合彰一郎のNZクライストチャーチ・フィッシングレポート

CAER3LO4.jpg日本とは季節が逆のニュージーランドでは、この原稿を書いている7月下旬は冬真っ只中。タウポ市内は雪こそ降らないまでも、朝晩の気温が氷点下になることもしばしばで、滞在しているホステルでは、スノーボードやスキーを楽しむ宿泊客の姿も目立つこの頃である。

続きを読む »

NZフィッシングレポート(タウポ編)

6月から7月にかけてのタウポ周辺はウインターランのシーズンで、多くの鱒が産卵のために湖から川へ遡上する。写真の婚姻色鮮やかな牡のレインボーは、6月初旬にタウランガタウポ・リバーで釣ったもの。もちろん、撮影後は速やかにリリース。

field_070613_photo_01.jpg

続きを読む »

NZのフィッシング・レポート

この記事はご本人のご了承のうえ、JLAAの記事より転載しています。

field_060619_photo_03.jpg



ニュージーランドでは平均サイズのトラウト


 僕の住んでいるクライストチャーチは、オークランド、ウェリントンにつぐニュ-ジーランド第3の都市で、日本やヨーロッパからの直行便もある南島の玄関ともいえる都市である

続きを読む »

「NZフィッシングレポート第2弾は、NZ南島の最南端に近いマタウラリバーのブラウンフィッシングです。」 (JFCC理事・河合彰一郎)

(この記事はご本人の了承のもとに、JLAAのサイトより河合彰一郎氏の記述を転載掲載したものです)20070208213501.jpg

59cmのブラウン。今回の釣行で一番の大物

続きを読む »

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : ブログ

Tag : フライフィッシング ニュージーランド マタウラリバー

プロフィール

BESSY

Author:BESSY
<このブログにカキコしている人びと>
BESSYこと別所勝巳/
タニヤンマ/capo/Smilly/クマ吉/O爺/
河合彰一郎/CHIRORI/渋谷直人
ケバイチ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクアリウム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。